昔から存在したクレジットカードの現金化

クレジットカード現金化は最近始まった事だと思っている人も多いかもしれません。
確かに全てネットでやり取りできるようになったのは、ここ数年の話です。
しかし、実は実店舗では昔からクレジットカードの現金化は行われていました。

実店舗の場合も、指定された商品を購入し、それを買取してもらうというネットと同じルールで行われている業者もあります。
業者の存在は、悪質業者も存在するので、実店舗があった昔の方が安全性はある意味高かったのかもしれません。
今は全てネットで行えるようになった分、短時間で簡単にクレジットカードを現金化できるようになりました。
しかし反面、どの業者が悪質なのか、ネットだけで判断んするのが難しくなってしまいました。

また業者自体は悪質ではなくても、気軽に利用できる事自体が問題だとも言えるのかもしれません。
緊急事態にやむなく利用し、普段は絶対利用しない、利用側にそれだけの強い意志があればいいのですが、そういう人ばかりではありません。遊ぶお金の欲しさに、ギャンブルにハマってしまい、そんな理由でお金が必要で、クレジットカードの現金化をしていたら、すぐに返済は滞ってしまいます。
1枚当たりはカードに上限額が設けられているので、10万円~50万円程度の金額になり、それが分割払いなら月々1万円程度の請求になるかもしれません。ですが、カードは複数所有している人が多いですよね。
そして複数のカードでクレジットカードを現金化している状態に陥ってしまったら、消費者金融の多重債務と同じような状態です。
審査がなく気軽に借りる事ができる分、こちらの方がタチが悪いと言えるのかもしれませんね。

現金化は与信枠を活用する手段

 クレジットカードの与信枠は、買い物・キャッシングそれぞれに割り当てられています。枠の大きさは、買い物>キャッシングです。50万円の与信枠であれば、買い物40万円、キャッシング10万円という具合に割り当てられます。

 キャッシングは、あくまでも“おまけ”です。何十何百万と現金を引出すことは出来ません。しかしクレジットカード全体の与信枠は何百万円とあり、且つ当月残高として丸々残っていれば手はあります。

 それは『クレジットカードの現金化』です。本人名義のクレジットカードと銀行口座さえあれば、買い物用の与信枠を使い、現金を得られます。

 カラクリは単純で、専門業者を介して買い物を行うことで、そのキャッシュバックとして現金を得ます。イメージ的には、現金で“現金を買う”といった感じです。

 融資ではなく買い物であるため、購入商品の額に応じて、クレジットカードにはポイントが付与されます。これは意外と大きく、数十~数百万円を現金化すると驚くほど加算されます。

 さらに返済(支払)に適用される金利は、僅か5%です。キャッシングの金利20%と比較すると、いかに低いかがわかります。また通常の買い物と同様、分割やボーナス一括払いも可能です。

 買い物である現金化は当然、信用情報・総量制限の影響を受けません。すでに融資を断られている人であっても、本人名義のクレジットカードとその与信枠さえあれば、問題なく申し込めます。

 またイオン系列をはじめとする『買い物専用』タイプのクレジットカードでも問題はありません。急な出費の際は、是非とも現金化をご検討下さい。

現金化のメリットは一番楽な借入れ手段

 クレジットカードの現金化は、借入れ・返済に手間が掛かりません。インターネットから申込み、銀行口座で現金を受取り、返済はクレジットカードの自動引落しで完了です。

◎借入れに際する手間

 インターネット+専用フォームから申込みを行います。専用フォームの入力欄は、ショッピングサイトのそれと大差ありません。なお申込みの時点ではクレジットカード番号を伝える必要がなく、セキュリティ面も問題ありません。

◎現金受取に際する手間

 インターネット銀行を利用すれば、自宅から入金情報を確認することができます。また各種手数料が割安のため、おすすめです。なかには、月数回までATM手数料を無料とするサービスもあります。

 手間らしい手間といえば、現金の引き出しでしょうか。こればかりは、ATM・銀行に出向かねば行えません。

◎返済に際する手間

 ショッピング枠を活用した現金化は、返済というより“支払い”というべきかもしれません。支払いは、申込みをした業者ではなく、クレジットカード会社へ行います。

 通常のショッピングと同様、期日に自動引落しされるため、特別な手続きは必要ありません。引落し指定の口座に入金し、支払に備えましょう。もちろん、分割払いにも対応しています。

 このように手間なしで借入れが行える現金化ですが、申込んだ額が丸々振込まれるわけではありません。

 申込み額が10万円で、還元率が80%の場合は、80,000円が振込まれ、20,000円が業者への手数料となります。還元率は業者により異なるため、条件が優れるところを探しましょう。